運営規約

いなぎコミュニティビジネスクラブ 運営規約

第1条(会の目的)

稲城市を中心としたコミュニティビジネスや地域ビジネスの実践者、地域・ビジネスに興味を持つ人、その支援者間の交流と学習を促進することを通じ、稲城市とその周辺地域が身の丈ビジネスで輝く街となることの一助となることを会の目的とする。

第2条(名称)

会の正式名称を「いなぎコミュニティビジネスクラブ」とする。
通称を「ICBC」とする。

第3条(発足経緯)

会は稲城市教育委員会生涯学習課主催のいなぎICカレッジ「成功する地域ビジネス学」(2016年 講師:玉川大学経営学部長谷川英伸先生)の受講生有志が中心となり発足した。

第4条(事務局所在地)

会の事務局は事務局長宅とする。
ただし玉川大学と連携する活動に関しては、稲城市立中央文化センター(生涯学習課)とする。

第5条(幹事・幹事会)

会を運営する幹事を会員の中から選出する。
幹事会は全ての幹事で構成される。
幹事会は代表、副代表、事務局長いずれかの招集で開催される。
幹事会は、幹事の半数以上の出席において成立し出席者の過半数で決する。

第6条(会員資格)

会の運営規約を守り、会の発展に寄与する意欲のある者。
そのほか、会の目的に賛同していると幹事会が承認した者。
会員が他の会員や対外的に迷惑な行為や活動があったと幹事会が認定した場合は会員資格を失う。

第7条(役員)

幹事の中から以下の役員を選出する。

代表       1名      浜田 有里恵
副代表    1名      平林 誠一
事務局長 1名      梅村 秀樹
会計       1名    山本 和也
会計監査 1名    大野 喜章

第8条(幹事・役員の任期)

幹事・役員の任期は会計年度による1年間とする。ただし再任を妨げない。

第9条(会計年度)

6月1日から翌年5月31日をもって会計年度とする。

第10条(年会費)

年会費は無料とする。

第11条(総会)

年1回総会を行う。召集は代表が行う。

第12条(規約改正)

この規約は、幹事会の過半数の同意をもって改正することができる

附則

この規約は2018年6月1日から施行する。